【転職しよう】タクシー採用試験の内容を徹底解説

JOB

会社負担で免許を取得する

運転する人

タクシー運転手になるには、第二種運転免許が必要です。多くのタクシー会社では、第一種運転免許を所有した人を採用して、会社負担で第二種運転免許を取得させています。第二種運転免許を取得するには、運転免許試験場で実技試験を受ける方法と教習所に通う方法とがあります。接遇マナーや運転マナーの講習も必要です。

万全な準備で臨んで

タクシードライバー

会社によって様々

タクシーは24時間どこでも利用できるという点は大きな魅力の一つです。タクシー採用も多く、仕事を探している方の中にはタクシー採用に興味をお持ちの方もいるのではないでしょうか。タクシー採用試験ではタクシードライバーとして働くために必要な適正や資質があるかどうかを判断されます。具体的にどういった試験がなされるのかは会社によって違いがありますが基本的にはどのようなタクシーでも、利用客を乗せるドライバーには特別な免許が必要です。一般的なタクシー採用の場合、二種免許が必要となりますが採用されてから免許を取得することができる会社も多くあります。一種免許を持っていると二種免許の取得にはさほど時間もかからないので、働き口を早く見つけたい方にもおすすめです。タクシー採用に応募すると面接以外にも適性検査や健康診断など車の運転に必要な検査が行われることは少なくありません。タクシードライバーは人命を乗せて目的地まで運ぶ尊い仕事ですので、適正や健康はとても重要なポイントとなります。さらに高級なハイヤーや観光向けのタクシーなどサービス内容に特長があるタクシー採用の場合は、それぞれのサービス内容に応じた適正があるかどうかという点も審査されるでしょう。語学力や接客に自信があるという方は、そういったタクシーを扱う会社を選ぶのもおすすめです。様々な会社があるので、持っているスキルが活かせそうなタクシー採用を選んで挑戦してみましょう。

ドライバーとして働く前に

運転席

タクシードライバーとして活躍するのであれば、タクシー資格が必要です。一つ目は第二種運転免許の資格で、取得方法は第一種運転免許を取得してから3年以上の経過を条件に、各試験に合格することです。二つ目は、地域限定ですが地理試験に合格することが条件で、基本問題と応用問題の40問中、32問以上で取得できます。

運転技術を身につける

タクシー模型

タクシードライバーになるには、コミュニケーション能力を身につけたり、運転技術を高めたりすることが大切です。また、地図を見なくてもどこへでも案内できるようにしておきましょう。その上で雇用条件の良い求人に応募します。