【転職しよう】タクシー採用試験の内容を徹底解説

TAXI
  1. ホーム
  2. 運転技術を身につける

運転技術を身につける

タクシー模型

コミュニケーションも大事

タクシードライバーとして働くには、運転技術を高めることが大切です。当然、お客様に快適に過ごしてもらえるような安全で安心できる運転ではないと商売にならないからです。自分では自信を持っていても、同乗者は不安に思うことがあります。身近な人たちに乗車してもらい、何がダメなのか指摘してもらいましょう。その上で、タクシードライバーの求人に応募してみることをお勧めします。また、タクシードライバーとなれば、運転はもちろん、お客様とのコミュニケーションも大事です。中には、全く喋らないお客様もいます。静かに乗っていたいという人もいるからです。しかし、逆にタクシードライバーと話したいというお客様もいます。このような時に臨機応変に対応できるようではないと、タクシードライバーは務まりません。老若男女誰とでも話せるように練習しておきましょう。そのためには、時事ネタなどにも強くなっておくといいかもしれません。他には、様々な場所への近道などに強くなっておくことも必要です。どこへでも案内できるようではないと、タクシーを利用する人もいなくなってしまうからです。地図を頭のなかに思い描けるようにしましょう。もちろん、タクシードライバーの求人情報も比較します。タクシー会社によって雇用形態や労働条件などに違いが見られるので、より良いものを吟味しましょう。最近は女性のドライバーも増えてきているので、主婦層でも応募可能な会社はあります。