【転職しよう】タクシー採用試験の内容を徹底解説

TAXI
  1. ホーム
  2. ドライバーとして働く前に

ドライバーとして働く前に

運転席

必要とされる資格

全国どこでも求人されており、腕次第で高収入を得ることができるタクシードライバーは、年々人気となりつつあります。このタクシードライバーになるためには、最初の条件としてタクシー会社に入社することが前提になりますが、その際に必要となるのがタクシー資格です。このタクシー資格というのは、車両にお客を乗せて目的地まで移動し、料金をもらうというサービスなので必須となります。その資格とは主に二つあり、一つ目は第二種運転免許の取得です。取得方法については、受験資格をクリアしていることが絶対条件で、かならず大型や中型、普通、大型特殊免許の第一種運転免許を取得し、最低でも3年以上の経過が条件となっています。試験内容は、視力を含めた適性検査と学科試験、技能試験があり、第一種運転免許の試験より繊細となっているのが特徴です。取得の費用には約20万ほどかかるのが一般的ですが、タクシー会社でサポートしてくれるところがほとんどなため、心配なく免許を取得できます。二つ目のタクシー資格では、一部の地域で地理試験というものがあり、第二種運転免許を持っていても、試験に合格しなければタクシードライバーとして活動できない資格となっています。これは、東京や大阪、神奈川などの地域において、運転が難しくある程度の技術を必要とする地域で資格取得が定められています。取得方法は、地理の試験に関する基本問題が25問、応用問題が15問の計40問出され、32問以上正解することによって取得が可能となります。このようなタクシー資格が必要とされていますが、他にもタクシードライバーとしての基本研修も法令で定められており、最低でも10日間以上の研修を受けることが必要です。この研修は会社で行われているため、特別な取得方法というものはありませんが、営業する上での技術や知識、ノウハウなどしっかり学べるようになっています。