【転職しよう】タクシー採用試験の内容を徹底解説

TAXI
  1. ホーム
  2. 会社負担で免許を取得する

会社負担で免許を取得する

運転する人

接客の講習も必要です

タクシー運転手になるには、自動車の第二種運転免許が必要です。多くのタクシー会社ではタクシー運転手を確保するために、第一種運転免許を持っている人を雇用して、タクシー会社の費用負担で第二種運転免許を取得させています。第二種運転免許の受験資格は、第一種運転免許を取得してから3年以上経過していることや21歳以上の者であることが条件となっています。第二種運転免許は、営業車を運転することになるため、第一種運転免許に比べてハードルは高くなっています。試験科目は、視力、色彩、聴力、運動能力などの適性試験、交通法規などの学科試験、教習コースなど実際に運転技術を確認する実技試験があります。第二種運転免許の取得の方法には、公安委員会指定の自動車教習所に通う方法と自動車運転免許試験場で実技試験を受けて合格する方法とがあります。公安委員会指定の自動車教習所では実技の教習が実施され、教習後には卒業検定が実施されます。卒業検定に合格した場合には実技試験が免除されます。多くのタクシー会社では、第二種運転免許の資格を確実に取得させるために、教習場へ通う方法を使用しています。自動車運転免許試験場の実施する学科試験に合格すれば、第二種自動車運転が取得することができます。タクシー運転手に必要な接客マナーや運転マナーなどの講習を受ける必要があります。東京地域、大阪地域、神奈川県など特定のエリアで働くタクシー運転手については、別途、タクシーセンターが行う地理試験に合格する必要があります。